脱毛症で苦しんだ女性

 脱毛症は、アメリカ合衆国のおよそ2,100万人の女性に影響を与えていると、毛髪修復外科の国際学会が発表しています。これは数年前に仮定したよりはるかに多い人数です。統計では、生涯を通じて4人に1人の女性が、何度か脱毛症に悩まされていることを示しています。

 昔から女性の脱毛症は秘密にされ、口にしてはいけないこととされてきました。男性の壮年性脱毛症が問題にされても、女性の脱毛症に関しては、話題にすることも避けられていました。現実に、脱毛症で苦しんでいる女性の治療については、ほんの最近まで存在していませんでした。

 1950年代以来、何十年間もアメリカ合衆国および他の国でも、女性の毛髪移植外科手術は行われていませんでした。毛髪移植外科手術やそれ以外の脱毛症の治療は男性向けに行われてきました。

 脱毛症で苦しんでいる女性は、実は脱毛症が多くの女性の問題であると知らないで、自分ひとりの問題として悩んでいました。女性の脱毛症は、昔から口にされていないままでした。女性の脱毛症は医学的問題でなく、脱毛症になった女性自身が個人的な恥の問題と考えていたのです。女性の脱毛症は、女性自身が何か過ちを犯したためにおきたものであると一人悩んでいたために、医学的な治療の対象となることは長い間ありませんでした。女性の脱毛症は、髪をデザインするとき、強く毛髪を牽引することが原因で起こることもありました。

 女性の脱毛症は、2つに分けられます。ストレス、脱毛を起こす病気、ホルモンの変化と出産後におきる一時的なものと、壮年性脱毛症および牽引性脱毛による永久的な脱毛症です。

 壮年性脱毛症を経験する女性は、親類の中に何人か同じような脱毛症に苦しんでいる女性がいます。このような女性たちは、更年期にエストロゲンが減り、テストステロンが普通以上に増えることによって脱毛症を起こします。

 牽引脱毛は、女性に永久的な脱毛症を起こす2番目のタイプの脱毛症として知られています。これは、三つ編みやポニーテールで、髪の毛をあまりにも強く引きすぎることが原因となります。
posted by 武相荘翁 at 07:19 | 女性の脱毛症
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。