女性の脱毛症への対応

 脱毛症では、男性の場合、頭頂部の毛髪が全部、脱毛してしまうことが多いのですが、女性の場合には、頭頂部の毛髪が全部抜けることはおこりません。女性の場合の脱毛症では、髪の毛全体が薄くなることが多く、薄毛を通して、完全に毛のなくなった部分を見ることもあります。

 脱毛症になった女性のために、使える方法がいくつかあります。ひとつは薄くなった毛髪が目立たないようなデザインの髪型にするということです。鬘を使うという方法は、女性が脱毛症を隠す一般的な方法でした。

 現在の女性は、脱毛症になったとき、いろいろな薬を使うことができます。美容形成外科の発達も脱毛症の女性にとっては福音です。美容整形外科は特に近年発達してきていまして、脱毛症の女性の脱毛を目立たなくすることができます。

 ロゲインは女性の脱毛症に使われる最も一般的な薬剤です。米国ファルマシア社の開発による育毛成分「ミノキシジル」を主成分とし頭髪の育毛促進の医療効果が認めらています。18才以上の成人で頭髪が徐々に薄くなってきたり、頭頂部の脱毛が気になっておられる方に有用な薬剤です。
 
 Triamino は、日本では販売が許可されていない薬剤です。毛小胞を刺激することにより、毛髪の成長を促す薬剤ですが、効果がでるまで数ヶ月かかることもあり、海外でもロゲインほどの人気はありません。

 頭皮と髪との色の差を目立たなくする製品もあります。ただこれらの製品は、毛髪自体に作用して、脱毛症を良くする訳ではありませんので、医学的な治療を受ける前の一時しのぎの方法です。

 市場に出ているいろいろな隠すもの製品もあります。そして、それは頭皮と髪との対比を減少させることができます。これらの製品が新しい髪の発達を刺激する何もしない間;彼らは、非医学的な選択肢です。

 円形脱毛症の方には、海外では、口の中に張るステロイドのパッチが使われることもあります。また、コルチコステロイドを直接、頭皮の皮膚に注射することも行われていますが、これらの方法の効果が現れるには、1〜2ヶ月かかってしまいます。
posted by 武相荘翁 at 18:49 | 女性の脱毛症