男性型脱毛症

 男性の大半は加齢と共に多少なりとも前頭部と頭頂部の毛量が減少していく。そのため、これは正常な生理的現象であるとし、病気としては扱われない。しかし、前頭部または頭頂部の一部にとどまらず、やがて頭全体に脱毛が広がる場合もある。

 男性型脱毛症が始まる年齢は人によってまちまちであり、ふつう30代すぎの男性にあらわれるが、ときには10代半ばではじまることもある。20代までに始まる男性型脱毛症は若年性脱毛症として区別することがある。また、近年女性にも男性型脱毛症を発症する人が増えてきた。女性の男性型脱毛症は頭頂部を中心に広い範囲が薄くなるもので、一般的な男性型脱毛症とは薄くなりかたは違うが、メカニズムは同じものである。

 遺伝的素因をもつ男性では,思春期以降の上昇したアンドロゲンの影響下に、頭髪をつくる毛母細胞をつつんでいる毛包がおとろえ、頭髪が徐々に細くなり、産毛(うぶげ)のような毛しかのこらなくなる。患者の男性ホルモン量は正常であることより,本症を決定するのは毛包自体のアンドロゲン感受性,特に毛乳頭細胞内での5α-リダクターゼU型の量的差異や,同細胞のアンドロゲン受容体の質と量で規定されるとの考えが一般的となった。しかし責任遺伝子は未だみつかっていないし,硬毛を軟毛へ転換させる因子もわかっていない。

 日本では、若ハゲは昔から軽蔑される風潮がある。特に近年はカツラ業界や育毛剤業界が盛んにテレビコマーシャルを流しており、若年性脱毛症を深刻な悩みの原因とする若い男性は多い。

posted by 武相荘翁 at 17:10 | 男性型脱毛症(若はげ)

壮年性脱毛症

■壮年性脱毛症の概念
男性ホルモンの影響下に頭頂部〜前頭部の硬毛が軟毛に転換する変化で,男性型脱毛症,若禿げとも呼ばれる。老人性脱毛と異なり,毛包は減らないのが特徴である。本症は生理的変化(皮膚の個性)であり疾患とはみなされない。

■壮年性脱毛症の頻度
医学的に検証された統計はないが,一般的には30%前後と考えられる。

■壮年性脱毛症の病因・発症機序
遺伝的素因をもつ男性では,思春期以降の上昇したアンドロゲンの影響下に前述の毛包がミニチュア化し硬毛が軟毛化する。患者の男性ホルモン量は正常であることより,本症を決定するのは毛包自体のアンドロゲン感受性,特に毛乳頭細胞内での5α-リダクターゼU型の量的差異や,同細胞のアンドロゲン受容体の質と量で規定されるとの考えが一般的となった。しかし責任遺伝子は未だみつかっていないし,硬毛を軟毛へ転換させる因子もわかっていない。

■壮年性脱毛症の臨床症状
初期には額の拡大や頭頂部の薄毛化が目立つ。その後も毛包はますますミニチュア化し軟毛が増加する。成長期もますます短縮し,最終的には休止期から成長期に移行しない毛包も増え毛髪数も減少する。老人性脱毛が重なると全頭脱毛になることもある。女性でも軽い症状が出現することもあるが発症時期が男性に10年遅れ,前頭部の生え際は残るのが特徴である。若い女性に同様の変化をみるときは卵巣機能不全を疑う。

■壮年性脱毛症の治療方針
多くの治療法が考案されているが,未だに満足できる薬物療法はない。

■壮年性脱毛症の治療法
[1]全身療法
 米国では抗男性ホルモン剤(プロペシア; 型5α-リダクターゼ阻害剤)内服が認められたが,わが国では認可されていない。
[2]局所療法
 頭皮を清潔に保ち,発毛剤・育毛剤で毛根部の血流増加,栄養補給,毛包環境整備を図る。養・育毛剤としてはペンタデカン酸,塩化カルプロニウムなどが,発毛剤としてミノキシジールが認められている。わが国ではミノキシジールの1%含有液が手に入る。
[3]手術療法
 後頭部よりの毛包単離移植,脱毛部縫縮術,側頭部よりの有茎皮弁による置換術などが主に形成外科で行われる。

posted by 武相荘翁 at 17:53 | 男性型脱毛症(若はげ)

AGA

AGA 著 者: もんた

AGAで悩んでいる日本人男性が、数百万から一千万人単位で存在すると言われ、現代男性の深刻な悩みとなっています。

   

■AGA(Androgenetic Alopeci)
男性型脱毛症。 薄毛、ハゲの一種です。

   

■AGAの特徴
思春期以降の男性にみられます。前頭部(生え際)&頭頂部に限定して薄毛が発生します。どちらか一方に症状が表れる方もいれば、双方に表れる方もいます。円形脱毛症、粃糠性脱毛症(脂漏性脱毛症)、壮年性脱毛症などとは区別されて考えられています。抜け毛、薄毛はゆっくりと長期に渡り進行します。ご自分ではすぐに気付かない方も多いと思われます。

   

■AGAの原因
医学的な研究が進み、AGAの症状が表れている部分には、脱毛を促進する脱毛ホルモン=DHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度に存在し、この物質が、正常な毛髪の育毛や発毛のサイクルを阻害しているのだという事が明らかになってきました。

■AGAの治療方法
育毛剤、シャンプー剤を吟味し使用したり、もしくは、民間治療的な育毛、発毛方法を実践するのも有効かもしれません。しかし現在、脱毛ホルモン=DHT(ジヒドロテストステロン)の生成抑制に効果がある医学的な治療法が開発されています。それは効能が認められた、医薬品の使用です。医薬品には「飲むタイプ」と「塗るタイプ」とがあります。市販されているものがあるかもしれませんが、自己判断せず、まずは、AGA治療を行なっている病院やクリニックなどで、医師の診察、診断を受けた上で、その治療の一環として、適切な医薬品の使用を行なう事をお勧めします。

■AGAとの向き合い方
AGAの症状は、ゆっくりと薄毛が進行していきます。ですので、出来るだけ早くからその治療に取り組むべきでしょう。そして、根気よく治療を続ける事がとても大切です。薄毛になってきたからといって、完全にツルツル状態になる事は稀で、通常、産毛が生えています。毛包が存在し、毛母細胞が活性化する可能性があります。つまり、再び太く元気な毛が生えてくる可能性が充分にあるのです。時間はかかるかもしれません。あせらず、あきらめずに、根気よく治療を継続する事が肝要です。

   

***************************************
薄毛対策!育毛発毛WEB
http://hairstory.seesaa.net/article/27878216.html
original article
http://hairstory.seesaa.net/article/27878216.html
***************************************

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

posted by 武相荘翁 at 13:45 | 男性型脱毛症(若はげ)

アンドロゲン性脱毛症

 アンドロゲン性脱毛症とは、男性型脱毛症のことですが、男性と女性の両方におきる毛髪の障害です。男性型脱毛症の発生率は、男性の方が女性より大きい事が知られています。

 男性型脱毛症は、遺伝的素因によって起こります。アンドロゲンの影響下に、頭髪をつくる毛母細胞をつつんでいる毛包がおとろえ、頭髪が徐々に細くなり、産毛(うぶげ)のような毛しかのこらなくなります。通常少なくとも半分の太さに毛髪は細くなります。

 男性型脱毛症は、厳密な報告では、程度の差は合っても男性の大部分と、40歳以上の女性の50%にみられるとされています。閉経前の女性の13%に見られますが、ほとんどの女性では更年期の後で増加します。65歳以上の女性の75%に見られるという報告もあります。

 男性型脱毛症は、基本的には美容の問題です。心理的に患者に影響を及ぼすこと以外に、紫外線が頭皮にあたり、紫外線による各種の障害を引き起こすことは重要な問題です。男性型脱毛症の男性は、心筋梗塞の発病率が高いと言われています。また前立腺肥大症にも関連していると言われています。

 男性型脱毛症の発生率は白人で最も高い傾向があります。そして、アジア人とアフリカ系アメリカ人で2番目に高くて、アメリカインディアンとエスキモーで最も発生率が低くなっています。

 重度の男性型脱毛症の多くが30歳までに障害の徴候を示し、ほとんどすべての患者は40歳前に発症します。
posted by 武相荘翁 at 21:42 | 男性型脱毛症(若はげ)

壮年性脱毛症の特徴と併発する病気

 壮年性脱毛症は、両方の男性と女性の脱毛症に最もよく見られる脱毛症です。男性において、壮年性脱毛はハゲとしても知られています。毛髪ははっきりしたパターンで失われます。時間とともに、ヘアラインは特徴のある「M」形をつくって減っていきます。続いて毛髪は、頭のてっぺんの近くで薄くなります。そして、しばしば部分的であるか完全なはげへ進行します。

 壮年性脱毛症による女性の毛髪損失のパターンは、男性のパターンとは異なります。女性において、毛髪は頭の中程ほどで薄くなっていきます。そして、ヘアラインは退きません。女性の壮年性脱毛症は、全体のはげにめったにつながりません。

 壮年性脱毛症は、男性では、冠状動脈性心臓病と前立腺肥大症などのいくつかの他の病気と関係しています。前立腺ガン、糖尿病、肥満、高血圧も、壮年性脱毛症と関連があるとされています。女性において壮年性脱毛症は、多嚢胞性卵巣症候群の発生の危険性と関係しています。多嚢胞性卵巣症候群は、不規則な月経、にきび、肥満などに関するホルモンのアンバランスによって特徴づけられます。

 壮年性脱毛症は、男性と女性両方の脱毛の最も多い原因ですけれども、脱毛原因として壮年性脱毛症は男性でより一般的です。壮年性脱毛症による脱毛は、アメリカ合衆国で約3500万人の男性に影響を及ぼしています。壮年性脱毛症は10代という早い時期に始まることもあります。そして、脱毛の危険は年齢と共に増加します。50歳以上の50パーセント以上の男性は、ある程度の脱毛症を持っています。女性において、脱毛は、更年期の後におきるのが普通です。
posted by 武相荘翁 at 13:18 | 男性型脱毛症(若はげ)

男性における壮年性脱毛症

 壮年性脱毛症は、男性の毛髪損失で最も一般的に見られるタイプです。通常、ヘアラインが退いていくのに引き続いて、頭頂部で毛髪が薄くなります。これらの変化は、遺伝子によるホルモンの影響で起こります。

 毛髪は、2ヵ月で、およそ3cm成長します。1本1本の髪は2〜6年の間成長して、しばらく、その長さを保った後、抜けます。新しい毛髪は、すぐに同じ位置で育ち始めます。何時でも、頭の毛のおよそ85%は成長段階にあります。

 各々の毛髪は、毛包と呼ばれている皮膜の中の空洞にあります。毛包が時間とともに縮むと、男性の脱毛症は起こります。そして、より短くてうぶげのような毛髪になってしまいます。最終的には、中に毛髪のない非常に小さな小胞になります。通常、毛髪は次々に生え変わります。しかし、はげかかっている男性において、毛包は新しい毛髪をのばすことができません。これが起こる理由は十分に解明されていません。しかし、遺伝子と男性の性ホルモンに関連があることは知られています。たとえ毛包が小さいとしても、毛包は生きています。そして、新しい成長の可能性を秘めています。

 男性のハゲの典型的パターンは、ヘアラインから始まります。ヘアラインは、M形をつくるように徐々に退きます。残った髪は、より細くより短くなるかもしれません。頭頂部の毛髪は、薄くなり始めます。結局、ヘアラインのトップは薄くなる頭頂部の毛髪につながります。そして、毛髪は頭の側頭部に蹄鉄形に残し脱毛します。

 毛幹の損壊による脱毛、赤み、スケーリング、痛み、急速に進む脱毛は、壮年性脱毛症以外の原因によることがあります。

 古典的な壮年性脱毛症は、通常、毛髪の成長状況と毛髪の損失状況に基づいて診断されます。どんな型にはまらない脱毛でも、他の医学的な障害に起因する可能性があります。皮膚生検などの検査が、脱毛を生じる他の疾病を診断するために必要なこともあります。
posted by 武相荘翁 at 17:58 | 男性型脱毛症(若はげ)